車検 払えない

車検 払えない

車検 払えない

車検代が払えないときはどうすれば良いの??

 

自家用車を所持していると、何かとお金がかかってきます。

 

ガソリン代や駐車場代など、その場ですぐに払える少額のものもありますが、保険や自動車税、そして一番まとまってお金が必要になるのが車検代です。

 

 

車検を受けずに公道を運転すると、罰則を受けることになります。無車検車運行、という道路運送車両違反になるのです。

 

車が運転できないと生活に支障が出る人はたくさんおり、そして運転する為には車検は必ず受ける必要があります。

 

 

車検が切れている間は、車を運転できないだけではなく、保険が効かないのです。

 

見つからないから大丈夫だろう、と車検切れで運転した場合、万が一事故にあっても保険は使えないのです。

 

 

しかし、車検代は高額である場合が多いので、すぐに払えないという人もいます。

 

車検を受けるために、こつこつと貯めるという方法もありますが、時間もかかりますし出来ない人もいます。

 

 

クレジットカードなどでの分割払いに対応してくれる業者だと良いのですが、対応していないところもあります。

 

その場合、マイカーローンを使うか、銀行カードローン・消費者金融(プロミス、アコム、レイク、アイフル、モビットなど)を使ってお金を借りるのがおすすめです。

 

 

マイカーローンは、車を購入する時だけではなく、車に関することに何にでも使えるもので、車検代としても使えます。

 

しかし、審査に時間がかかってしまい、また担保不要なので収入が安定していない人には審査が厳しいところもあります。

 

 

車検には期限があるので、審査待ちをして借りられなかったということが無いように、審査が早いところがおすすめです。

 

銀行カードローンや、消費者金融キャッシングは素早く借り入れができます。

 

銀行のカードローンは金利が低く、ATMやネットで簡単に借り入れから返済まででき、とても便利です。

 

 

また、すぐに車検代が必要という方は、消費者金融のWEB申し込みが最も早く借りることができます。

 

消費者金融キャッシングは金利が高そうですが、初回利用の場合は30日間無利息のサービスを行っているところもあります。

 

 

給料日前で、車検代を一時的に借りたい、という場合は無利息で借りられ車検代を払うことができます。

 

消費者金融は銀行と比べると金利は高くなりますが、審査・融資の速度は銀行よりも早く様々なサービスもあります。

 

 

車を運転する人には絶対に必要な検査が車検です。ギリギリに気付いても審査がすぐにできるところで借りることで、車検代が払えなくて車を運転できないということになりにくくすることが出来るのです。